戻る - 参加 

筑波嶺日記(つくばねにっき)

2003/2/28 (Fri) ハリウッド版ルパン三世
▼最近、コンピュータ関係の業務が増えたので、初級シスアドの問題集を買ってきた。今から勉強を始めれば、秋の試験には間に合うだろう。
シャトル事故を予見していたNASAのエンジニアたち。空中分解が起こる前日から、NASAのエンジニアが、実際にコロンビア号に起こったと考えられている事態にきわめて近いシナリオを考えていたらしい。現場のエンジニアの警告が、なぜNASA上層部へ上がってこなかったのだろうか?
「ルパン三世」がハリウッドで実写映画化予定。「シンドラーのリスト」のプロデューサー、ジェラルド・R・モレン氏(68)が映画化権を取得し、2、3年後に実写版映画を公開する予定。ハリウッド版の川五エ門ってどんなキャラなんだろう・・・( ;´Д`)

2003/2/27 (Thu) 世界最小のDNAコンピュータ
▼会社の先輩から「お前の実験報告書は、表現が砕け過ぎだ」と言われた。何でも「もっと一杯漢字を使え」「論文特有の言い回しを使え」ということらしい。会社のお偉方が、そういう難しい表現を好むそうな。正直、「クソくらえ!」だ。
イスラエル研究者、「世界最小のバイオコンピューター・デバイス」開発。イスラエル・ワイツマン科学研究所エフド・シャピロ教授らが、DNA分子と酵素を使って出入力、ソフトウェア、ハードウェア、エネルギー源のそろった「DNAコンピューターデバイス」を作ることに成功したと発表した。(科学アカデミー会報)スプーン一杯で驚きの白さに!・・・じゃなくて(ベタだな)、スプーン一杯の溶液中のDNAコンピューターで、世界最速パソコンの10万倍の高速計算が可能だという。ちなみに、DNAコンピュータが可能であることを最初に実験して見せたのは、南カリフォルニア大学のエイドルマン教授だ。1994年にScienceに発表した論文が、分子生物学と計算機科学の二つの学問分野を結びつけた。日本では、2002年にオリンパス光学が世界で始めてDNAコンピュータの実用化に成功している。今回の発表は、コンピュータを構成するディバイスが、小さな分子で出来上がっている点がユニークだ。DNAコンピュータについては、ここが詳しい。
Windows Meに「緊急」のセキュリティホール。Meは、デフォルトでもかなり不安定なOSだけどなぁ・・・。

2003/2/26 (Wed) さらばパイオニア10号
▼先日、入会を申し込んだ日本惑星協会から会員証(写真)が送られてきた。会員証の表には、日本の科学衛星「ようこう」がとらえた太陽のX線像があしらわれている。なかなか、カッコイイ!日本惑星協会は、米国の惑星協会(The Planetary Society:TPS)の流れをくむ非営利の民間団体。米国の惑星協会は、著名な天文学者であるカール・セーガン博士が1980年に創設した団体で、日本の協会に入会すると自動的に米国の協会にも登録され、和訳付きの会報を送ってきてくれる。
さらばパイオニア10号。セーガン博士といえば、SETI計画(SETI = Search for Extra Terrestrial Intelligence)の推進者としても有名だ。1972年に打ち上げられた惑星探査機パイオニア10号に宇宙人へのメッセージを搭載することを提唱したのも、セーガン博士である。そのパイオニア10号が、1月22日を最後に交信を途絶えた。パイオニア10号は、すでに太陽系を離脱しており、地球外生知的命体に発見されるその日まで、ずっと宇宙空間を漂いつづけることになるのだろう。
▼さて、昨日の竜馬の銅像の落書きのニュースであるが、その後のリサーチで、額に「天」の字のあるアニメキャラクターが実在することがわかった。額に文字といえば「肉」しか思いつかなかったが・・・これがジェネレーションギャップというやつだろうか?

2003/2/25 (Tue) 北朝鮮ミサイル発射
北朝鮮ミサイル発射、官房長官への連絡遅れる。今回は対艦ミサイルによる通常訓練という話であるが、こうした情報は防衛庁内のみで処理され、官邸へは事後報告のみにとどまっている事が明らかになった。このニュースは、わが国の官僚主義の弊害を如実に表している。本来は、政治的な判断の元に官僚の暴走を制御するのが政治家の役目であるが、残念ながら我が国では、重要な情報を全て官僚組織が占有しているため、大臣は官僚の作った文書に署名するだけが仕事となっている。万事を官邸へ知らせる必要はないが、こうした安全保障に関わる情報に関しては、関係省庁は迅速に官邸へ連絡すべきだろう。
中部太平洋のナウルが「消息不明」に。赤道直下の小さな島国、ナウル共和国が1月以降、外部世界と連絡不通になっているらしい。今まで燐鉱石の採掘によって島の経済は潤っていたが、ついにその資源が枯渇し、政府の財政も破綻。たった1本あった国際電話も、今や繋がらなくなった。誰が指導者なのかもわからない状態だとか・・・。
「週刊リアルロボット」3月4日発売。付録のパーツを組み合わせるとロボットが完成するという週刊誌を、デアゴスティーニ・ジャパンが発売するらしい。ちなみに、価格は創刊号が650円、以降は1190円。全60号なので・・・合計約7万円かぁ。フツーに秋葉原辺りでキットを買ってきて作った方が・・・(略)
IPログ保存で2ちゃんねるは変わるか。2ちゃんねるは、2003年1月7日以降、全書き込みのIPログの保存をしている。しかし、IP保存を始めてから、逆に犯罪予告が増えたらしい(笑)最近では、「2ちゃんねる」に殺害予告を書き込んだ中2生が書類送検されるという事件が発生しているが、警察へのログ提出が書き込んだ中学生の特定に一役買っているようだ。
坂本竜馬の銅像の額に「天」の落書き。(写真)何故、「肉」じゃないんだ!!!

2003/2/24 (Mon) グリッド・コンピューティング
▼春来たりと言えども未だ風冷たく、関東では雪が降り積もっている。これが、今年最後の雪になるだろう。「三寒四温」の言葉どおり、温かい日と寒い日が交互に来ながら、少しずつ、春に近づいている。
研究用からビジネス展開へ・グリッド・コンピューティングの現在(上)毎日新聞の記事より。グリッド・コンピューティングとは、ネットワーク上の複数のコンピュータを利用して、分散処理により計算をさせるという技術である。一つ一つのコンピュータは非力でも、数集まればスパコンなみの計算力を有する。有名なのは、カリフォルニア大学バークレー校の研究チームが中心となって運営しているSETI@homeだ。これは、アレシボ電波天文台が受信したデータから、知的生命体が発したと思われる電波を解析するというプロジェクトだ。この記事によると、日本でもNTTデータが中心となって、グリッド・コンピュータの実証実験として、「セル・コンピューティング」というものをやるらしい。ただし、SETIなどの参加者が「ボランティア主体」であるのに対して、有償で参加者を募るという点がユニークで面白い。
大丈夫か、デジタル放送。今年12月より、一部地域で地上波デジタル放送が始まる。すると、現行のアナログ放送に加えて、デジタル用にチャンネルが割り当てられるため、チャンネル数が不足してしまう。その対策として、一部のチャンネルが他のチャンネルに引越しになるらしい。総務省で告知ページが開設されたが、アピール不足で知名度は今ひとつ。
ノーベル化学賞の田中さん、筑波大を訪問。おっ、筑波に来てたのか!(←ただのミーハー)

2003/2/23 (Sun) ロード・オブ・ザ・リング
▼昨日公開の映画、「ロード・オブ・ザ・リング〜二つの塔」を早速見てきた。第1作と比べて戦闘シーンも多く、なかなか楽しめましたぞい。今回は、アラゴルン・レゴラス・ギムリ、メリー・ピピン、そしてフロド・サムの3つのグループに別れて、それぞれ旅をするという構成になっているのだが、当初、ホビット族(メリー・ピピン・フロド・サム)たちの区別がつかなくて、混乱しまくったヨ。また、もう一度くらい見に行きたい。
▼実は、昨年の第1作公開の後、評論社の小説を読み始めたのだが、4巻目で挫折していたりする・・・時間があれば読みたいのだけど、今はとてもそんなヒマは無いので、しばらくは無理っぽいなぁ・・・。
▼ともかく、今年はマトリックスの続編なんかもあったりして、楽しみが多いですなぁ。独りで映画館へ行くのも、もう慣れました・・・(-_-)

2003/2/22 (Sat) Linux Tips
Linux Tipsのコーナーを新設。最近、ネットワーク関係の仕事が増えてるものでねぇ。でも、最近、物忘れが激しくて、何をやったのか忘れちまうんですよぉ〜!というわけで、覚え書き代わりに色々とLinuxネタをアップしていきたいと思います。あまり、Linuxと関係のない方はゴメンナチャイ。
ノーベル賞の田中さん、学会入会で「化学者」仲間入り。別に、「化学会に入っている=化学者」というわけじゃないからねぇ〜。自称科学者なんて腐るほどいる一方で、企業研究者は学会に所属していないケースが多いから。ちなみに、日本物理学会では疑似科学者だけを集めたセッションが存在するそうな。なんだかなぁ〜(笑)
未成年へのアンケート調査、日本の将来「暗い」が75%。日本の将来は「暗い」と答えた人は、昨年末の成人への調査と比較すると、青少年の方が13ポイントも多かった。日本は、若い世代ほど夢を見られない国になりつつあるのだろうか?
2ちゃんねる、YahooBB規制。2chがYBBからアタックを受け、一部の板でYBBからの書き込み規制をおこなっている。しかし、YBB社員はzipファイルの解凍方法も知らないのか?・・・( ゚Д゚)ポカーン

2003/2/21 (Fri) Windows XP で、セキュリティーホール。
▼花粉症の症状が、酷くなってきた。だいたい、3月くらいが飛散のピークのようだ。
▼韓国地下鉄放火事件、運転士・指令室員逮捕へ。火災当時の詳細が少しずつ明らかになってきた。放火された車両よりも対抗電車の方で多くの死者が出たが、どうやら運転手が適切な避難誘導をしなかったことが、被害を大きくしたようだ。
「量子コンピュータ」に大きな一歩――NECと理化学研。NECと理研は、固体素子を用いた2ビットの「量子絡み合い」に、世界で初めて成功した。「量子絡み合い」が一体何なのか今ひとつ理解できないけど、ともかく、並列処理が可能なコンピュータの実現へ一歩近づいた。
『Windows 2000』起動ディスクで『XP』パスワードが無効に。XPでセキュリティーホール。XP搭載マシンをwin2kのCD-ROMを使って起動すると、トラブルシューティング・プログラム「ウィンドウズ2000回復コンソール」が立ち上がり、パスワード不要でアクセスできちゃうらしい。まぁ、悪用しないように!!

2003/2/20 (Sat) 頭痛てぇ・・・
頭が少し痛い。風邪かな?しかし、花粉症でも似たような症状があらわれるみたいだ。そういえば、3日前くらいから目のかゆみも始まってきた。とりあえず、今日は大事を取って早めに寝ます・・・

2003/2/19 (Wed) オタクも是非〜♪
J-PHONEのCMで「オタクも是非!」と語る女の子、ちょっと気になったので調べてみたところ、池永亜美さんという女の子らしいです。あの独特な雰囲気が(・∀・)イイ!!
市民グループ、京都市教委に「道徳教育振興の取り組み中止」を要望。昨今の犯罪の低年齢化は、一つに日本人の道徳観念の崩壊が原因ではないかと思う。本来は、基本的な道徳観念は家庭で教育されるべきであるが、核家族化や両親の共働き、地域社会の崩壊により、家庭環境における教育能力が失われつつある。したがって、学校が家庭の肩代わりをするしかないのだろう。しかし、「愛国心」などの微妙な問題があるので、左翼的な文化人は反対するんだろうなぁ・・・
次世代シャトルで設計基準、NASA。左上の機体、激しくかっこわるいぞ(w
米国版「ドッキリカメラ」のターゲット、番組を提訴。米国版“ドッキリカメラ”のテレビ番組「Scare Tactics」で、宇宙人に追いかけ回されたと信じた女優志望の女性が、精神的苦痛を被ったとして、番組制作会社などを相手取り、損害賠償を請求する訴えを起こした。この女性、相当な怖がりなんだろうねぇ〜。

2003/2/18 (Tue) NTPサーバ
▼会社のコンピュータの時計がバラバラだったので、NTPサーバを設置しようと思ったが、どうやらファイヤーウォールが外部NTPサーバとの接続を阻んでいるようだ。せめて、LAN内部だけでも、コンピュータの時刻を合わせるテストをやってみようかな。
ババア発言批判のチョコ、都知事室から返送、女性ら激怒。先週の日記にも取り上げた石原都知事へのチョコレートが送り返された。ババァの怨念入りチョコレートなんて、いやぁ〜ん(w
コピーコントロールCD(CCCD)についてのアンケート、36%が「CCCDで売上は減る」。ネット上の公開アンケートによると、CCCD化で逆に売上が減ると考えているユーザーの割合は36.4%で、売上が増えると答えたユーザーを上回った。若者を中心に、パソコンでmp3などに変換して鑑賞するというスタイルが普及しており、コピーできないというのはユーザにとってデメリットになってしまう。著作権法20条1項において、私的利用に限った複製の権利が認められているが、CCCDはこの権利を侵害していると言える。もちろん、法律に触れるような複製は厳しく取り締まるべきだが、ノーマルなCDよりもCCCDの価格を安くするといった配慮をしなければ、CCCDは消費者に受け入れられないだろう。

2003/2/17 (Mon) 会社は怖いトコロ
▼今日は、研究所の総務部長さんが特許部長として京都本社へ転勤されるということで、その送別会があった。話によれば転勤の内示があったのは、公示される前の2時間前だったそうな。会社って怖いトコロなのね。
▼そういうオイラも、分子生物研究部門所属のまま化学合成の研究部門へ出向(?)して、半年以上が経過した。さすがに仕事には慣れたが、未だにセミナーはチンプンカンプンだ。SN2反応だの、R体・S体だのといった話は、遠い昔に置いてきてしまった・・・。
▼というわけで、そろそろ生物学の研究に戻りたいと切に願っているわけだが、今日の宴会の席で、研究所長さんより一言「今度は、大量スケールの合成も始まるので頼むよ!」まだ、しばらく帰れそうにありません(涙)

2003/2/16 (Sun) ニラ雑炊
無菌米飯 を利用した『ニラ雑炊』の簡便な調理方法の研究。真面目に、『ニラ雑炊』について考察してみましたが、何故か論文風(笑)
サイエンスなどの科学誌、「危険な論文」掲載拒否も。サイエンスやネイチャー、ランセット、米科学アカデミー紀要など、主要な科学誌はテロなどに悪用される恐れのある論文の掲載を見送る場合もあることを表明した。「ニラ雑炊論文」は、危険論文の範疇には入らないよねぇ?(笑)
夢のタンパク質作る細菌、米で成功。自然界のタンパク質は20種類のアミノ酸で出来ているが、米カリフォルニア大バークレー校のライアン・メール博士らは、大腸菌の遺伝子を組替えることにより、普通の生物には利用できない21種類目のアミノ酸を活用できる細菌を作ることに成功した。ちなみに、遺伝子は3つのセット(コドン)で1種類のアミノ酸を指定するようになっている。DNAの塩基は4種類(A、C、G、T)あるので、3つの塩基で4×4×4=64通りの配列が可能である。アミノ酸は20種類だけなので、一部の配列が重複して1つのアミノ酸を指定している。(遺伝子語講座)おそらく、どれかの配列を人工アミノ酸に適合するようにデザインしたんだろうなぁ〜。
米研究チームが「人の長寿遺伝子」を発見。

2003/2/15 (Sat) ノートパソコン死亡
▼学生時代に、家庭教師のバイトでお金を貯めて買ったノートパソコン(Win95マシン)が、ずっと眠っていた。コイツに、Plamo Linuxをインストールしようと思い立った。さっそく、isoイメージをダウンロードし、CD-Rに焼く。ただし、昔のパソコンであるため、CDドライブから起動できない。そこで、インストール用のFDを用意してフロッピードライブより起動。HDDのパーティションを書き換えてフォーマットし、さてインストールを始めようとCDドライブを開けようとしたら・・・CDドライブが開かない(涙)こうして、愛用のノートパソコンは一瞬にして鉄屑と化した。現在、フロッピーで起動できるLinuxを利用して、何とか再生できないか検討中。
▼近所のスーパーにて、バレンタインチョコレートの大処分をやっていた。思わず、価格を確認・・・いや、まだそこまで落ちぶれていないっす(泣)
ババア発言の都知事に、ピースボートの有志ら女性20人が批判チョコプレゼント。これだから、ババ(以下略)
▼同じピースボートつながりといえば、辻元清美。社民大阪府連、「辻元清美氏を次期衆院選に」と表明。大阪府民の良識が問われている(笑)
クローン羊・ドリーが安楽死。享年6歳7カ月。世界初の体細胞クローン羊「ドーリー」が肺疾患を発症し、安楽死された。享年6歳7カ月。一般に、体細胞クローン技術により生まれた動物は、寿命が短かったり、あるいは何らかの疾患や奇形を発症したりするケースが多い。これは、染色体のテロメアが短いためだとか、DNAのメチル化などが正常でないからだとか、色々と原因が指摘されているが、まだ、はっきりしたことはわかっていない。

2003/2/14 (Fri) 卒塔婆プリンター
▼RedHat7.3のROMに入っていたSambaにはセキュリティーホールが存在するらしいので、Sambaのアップデートを試みる。 www.jp.redhat.comから該当するrpmファイルをダウンロードし、インストールを試みるが、どうもうまくいかない。そこで、www.samba.gr.jpから日本語パッケージの最新版、samba-2.2.4.ja-12.i686.rpmをダウンロードしてきてインストールしたところ、すんなりと入った。
▼一方、自宅の実験マシンには、年末にリリースされたばかりのRedHat8.0をインストール。ユーザーインターフェースが非常にフレンドリーになっていて使いやすい。もう、このままSEにでも転職してしまおうかな(笑)
卒塔婆プリンタ販売開始(写真)。大阪市のティティエヌが、卒塔婆専用のプリンター「おとば用人シリーズ」の販売を始めた。卒塔婆(そとうば)とは、骨を埋葬するときや年忌法要などのときにお墓の後ろにたてる細長い板のことで、古代インドのサンスクリット語の「ストゥーパ」が語源で、戒名などを書き込んだりする。でも、手書きじゃないと、有り難味が無いような・・・。
▼面白いページを発見。腕組み・指組みと利き脳・利き腕。眉唾だけど、神戸親和女子大の坂野登先生の説に従えば、小生は左指上・右腕上型、すなわち直感的に理解して論理的に表現するタイプらしい。あなたは、どちら?

2003/2/13 (Thu) ニューロンチップ
▼社内の共有ファイルサーバーを構築した。120GBのハードディスクを2本突っ込んだマシンにRedHat7.3を入れ、Samba2.2をインストール。とりあえず設定が終了して、現在、試験運用中。もともと分子生物が専門なのに、化学合成やったりサーバーの構築をやったりと、会社では便利屋さん状態。他人の倍の仕事をしている気がするけど・・・気のせいかな?(w
The Japan Times Onlineに2ちゃんねるの記事。昨年も色々と話題を提供してくれた2ちゃんねるについて、The Japan Timesが記事を掲載。日本人のホンネが聞きたければ2chを見ろ!?
ニューロンとチップを直接接触、電気信号読み取りに成功。独Infenion Technologiesは、生きた神経細胞(ニューロン)とバイオセンサーチップを直接接触させて、ニューロンの電気信号を記録することに成功した。マトリックスの世界の実現に、一歩近づく?
小学生、学校でうんちしない派4割。TOTOが小学生約1000人を対象にしたアンケートで明らかになった。小学生ともなると、トイレでウンコしたことが発覚しただけで囃されるからなぁ〜。でも、健康には良くないよな。ところで、オイラは昔から本屋へ行くと便意を感じるが、何故だろう??
「大学で知識身につかず」が7割。読売新聞調査による。まぁ、大学生ともなれば、知識は自分で身に付けるものだと思うけどなぁ〜。

2003/2/12 (Wed) K教授
▼同じ研究グループの先輩が、僕の出身研究室のお隣のK教授と同じ大学出身であり、今もに一度くらいの頻度で、関係者同士で集まることがあるらしい。その会合の席でのこと。
▼うちの先輩が、そのK教授に「今度、うちの会社に○○君(僕)が入ってきましたよ」と話したところ、どうやら僕のことを覚えていてくださったらしい。その教授と、とりわけ個人的に親交があったわけでもないのだけど・・・僕はそんなに印象的な学生だったのかなぁ?
▼K教授曰く「彼は古風な学生だった」 (´-`).。oO(一体、どーゆー意味なんだろう・・・)

2003/2/11 (Tue) アキバの地殻変動。
▼実家からの帰り道に、久々に秋葉原に立ち寄ったが、ここ数年、電気街の様相が変わってきているようだ。数年前までは、秋葉原は得体の知れない電子部品PCパーツなどを売る店が建ち並んでいたが、最近はものすごい勢いで同人誌系ショップが侵食している。それにつれて、秋葉原の客層もPCヲタクから同人ヲタクへと変化しているようだ・・・えっ?オマエはどちらなのかだって?・・・さぁ、次の話題に行きましょう(笑)
泥酔巡査部長、実家と間違え民家に上がり込む。ほのぼのニュースです(笑)
シャトルの残がい盗んだ警官を逮捕。こちらは、海の向こうでの警官不祥事。
東大、東工大生の手作り衛星、6月に打ち上げへ。東京大と東京工業大の学生、大学院生らが、手作りした人工衛星が、6月末、ロシアのロケットDnepr(ドニエプル)を使って打ち上げられる。東大は中須賀真一助教授のグループが作成したもので、『XI』(サイ)というコードネームが付けられている。一方、東工大は松永三郎助教授のグループで、『CUTE』というコードネームが付けられた。10cm四方、重さ1kg程度の大きさで、民生品を使用することにより、コストの低減を図っている。

2003/2/7 (Fri) 四連休
▼ここのところ、カウンターの回りが早いと思ったら、ゆぅすけさんのところで、文中リンク張ってたのね。さんくす。
中川一政氏収集品「1万円」実はゴッホ。作者不詳で落札予定価格1万円の絵が3000万円に!(゚Д゚ )ウマー
CDの父、20年を語るCD発売から20余年、その開発の陣頭指揮をとった中島平太郎氏が、その苦労語る。しかし、最近はCDの売上が低迷している一方で、映画のDVDの売上が急激に伸びている。日本レコード協会の富塚勇会長は「家庭用パソコンによる不正コピーが横行しているからだ」と一方的に決め付けているが、音楽CDの方が映画DVDより価格が高いのが異常だと思うが・・・
悪質「サービス残業」告発を!うちらみたいな研究職は、業務時間と休憩タイムの区別がビミョーなんだよね。朝は定時に出勤するけど、実験の合間にお茶飲んでたりネットしていたり、昼休みの時間を潰して実験していたり。就業後も会社に残って論文読んでたりするけど、これは残業と言えるかどうか。
人違い:交通事故の死者を弟と勘違い、葬儀準備中に気付く。事故現場の近くを通りかかった男性が「自分の弟だ」と救急車に同乗、その後、事故に遭った男性は病院で死亡した。兄を名乗る男性が葬儀用の写真を準備するため、自宅敷地内にある弟の家に行くと、死んだはずの弟がコタツで寝ていたという。オイオイ、自分の弟の顔を忘れるなよ・・・。
▼来週月曜は年休を取ったので、明日から四連休。実家に帰るので更新出来ませんが、あしからず。

2003/2/6 (Thu) ネタバレ
公式スタートが2003.1.30なのに、ギャラリーの写真が2001.3.24撮影になってるのは何故?と思ったあなたは鋭い!!
このホームページは、昔、作ったまま放置してあったページを再利用しています。
( ;´Д`)スイマセン・・・

2003/2/6 (Thu) 洗濯機でビール醸造
PCと洗濯機でビール造り?ドイツ在住のMichael Feyさんが、ノートPCとケーブルで接続した洗濯機で構成するビール醸造機を発明。サイトからは、モーターの回転や注水などをコントロールできる専用プログラムをダウンロードできるらしいけど、こんなもの誰が使うんじゃい!
これもシャトル破片? 勘違いゾロゾロ。自宅の玄関前に卵の黄身が落ちていたのを見つけた年配の女性が警察に通報、「コロンビアには卵を積んでいたか」と問い合わせてきたケースもあったという。コロンブスの卵ならぬ、コロンビアの卵!?
シャトル破片盗みで逮捕者。持ち帰りたい気持ちは、わからなくもないが・・・。

2003/2/5 (Wed) 会議多すぎ
うちの会社は、とにかく会議が多い。隔週の週報会、月一回の月報会、文献セミナー、関係しているプロジェクトの会議、などなど。今日も、午前中まるまる会議でつぶれてしまった・・・
僕は、声を大にして言いたい。
「事件は会議室で起きてるんじゃない。実験室で起きてるんだ!!!」

2003/2/4 (Tue) ROBO-ONE関連記事など
▼まずは、ROBO-ONE関係の記事を4本紹介。 理科の実験、小学校に「出前」します(日本工業新聞)首都圏の理工系大学生や大学院生が共同で立ち上げたリバネスという会社では、学習塾や私立小学校などに講師を派遣して実験講座を開き、子供たちに理科実験の楽しさを直接知ってもらおうという、面白い試みをおこなっている。こうした活動をビジネスとして成り立たせた着眼点は、すばらしい。
三菱重工、人型ロボット公開(日刊スポーツ)今の時代に、このデザインのロボットは無いだろ(笑)

2003/2/3 (Mon) 研究所見学会
 今日は、研究所において証券アナリスト向け説明会があり、数十名のアナリストや、社長を始めとする本社の重役が筑波へやってきた。日程の中には、ラボツアーも含まれており、我々研究員は、まるで上野動物園のパンダのように、見学されることになった。
 さて、その見学会でのこと。研究所長が60代くらいの男性を伴って研究室へ現れた。

僕「さっきの人、誰?」
先輩「何を言ってるのだね。さっきのは本部長じゃないか!
僕「えっ!ほんぶちょー!?」

う〜ん、本社には新人研修の1ヶ月しかいなかったので、会社のお偉方の顔はわからないんだよなぁ・・・σ(^^;)

2003/2/2 (Sun) ROBO-ONE大会観戦
コロンビア空中分解事故。7名の乗員の命が失われるという、最悪の結果となってしまった。日本人の宇宙飛行士が宇宙へ行くようになり、有人宇宙飛行は身近なものとなったが、未だにハイリスクであることを、改めて実感した。原因の解明には、しばらくの時間がかかるだろう。今後の宇宙開発のスケジュールへの影響が心配される。なお、このニュースに関しては、宇宙作家クラブ・ニュース掲示板が一番詳しい。
第3回ROBO-ONE大会。見てきましたよ。第1回大会も観戦したが、その時よりも格段にレヴェルアップしていた。しかし、メカの機構が複雑になった分、戦闘中のダメージで動作がおかしくなってしまったマシンも多かったようだ。とりわけ印象に残った試合は、準々決勝のR-Blue-4.1 VS Adamant-3rdR-Blueが、自分よりも大きなAdamantの懐に入り込んでパンチを繰り出してノックアウトした場面では、会場から大きな歓声が上がった。また、マジンガア(名前のとおりの姿)は、効果音付きでロケットパンチを繰り出して、観客を大いに沸かせた。注目の決勝戦はA-Do VS R-Blue。実は、第1回大会でも同じ対戦カードがあり、この時はR-Blueが勝負を制している。今回の勝負では、安定感のあるA-Doが、技術的にハイレヴェルなR-Blueを下して勝利を手にした。ちなみに、優勝したマシンの開発者である菅原雄介さんは、大手警備会社で警備ロボットの開発チームリーダーを勤めた方だったりします。

2003/2/1 (Sat) スペースシャトル事故か?
安倍官房副長官VS朝日新聞VS2ちゃんねらー。先月25日、安倍官房副長官が北朝鮮の致問題に関して、「朝日新聞の元日の社説には『原則論を言うだけじゃなくて、落としどころを考えろ』との論調があった。こういう論調が交渉の障害になっている」と噛み付いた。これに対して朝日新聞は、即日、Web上に応戦記事を掲載。ところが、3回も記事が書き換えられたことが2ch上で露見され、さんざんに叩かれた。翌日には、社説「社説批判――安倍さん、よく読んで」と天声人語を総動員して防戦に回った。さて、問題の社説には、確かに「拉致被害者8人を忘れてしまえ」という内容は無い。しかし、「朝鮮には原則を譲らぬ構えとともに、アメとムチの使い分けが必要だ。日本の安全を願い、拉致問題の解決を望めばこそ、柔軟な思考の大切さを重ねて訴えたい。 」という、かなりトンチンカンな内容。これは、誘拐犯にアメを与えろと言っているようなものだ。
生ごみバイオガスで収集車走行。横須賀市住友重機械工業の共同研究で、生ごみをメタン発酵設備にかけて取り出したバイオガスを燃料としてごみ収集車を動かすことに成功した。映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」に登場したデロリアンの実現も近い?
米スペースシャトル、空中分解?初のイスラエル人宇宙飛行士が搭乗した米スペースシャトル「コロンビア」が連絡途絶。チャレンジャー以来の大惨事か?Σ(゚д゚lll)ガーン
水に溶けたまま生体高分子の質量測定に成功。

2003/1/31 (Fri) なんとなくニュース
ROBO-ONE on PC。ROBO-ONE宇宙大会に向け、月面上の条件でロボットシュミレーションのコンテストを開催。現在、参加者を募っている。第1回アジア大会in韓国の準備もすすめられているらしい(ROBO-ONE KOREA
高圧送電線の電磁波と急性リンパ性白血病の発症率との間に関係のあることがわかった。ところで、有機物の立体構造を分析したりする測定装置、NMR(核磁気共鳴)には、強力な超伝導電磁石が用いられているが、NMR研究者の子供は何故か女の子が多い。これも、何か電磁波と関連があるのかな?
文科省の懇談会が、大学で働く女性研究者の割合を3割以上引き上げる数値目標を掲げた。研究者は純粋に能力で評価されるべきであり、数値目標を掲げて無理に女性の比率を上げれば、逆差別につながる恐れがあると思うが・・・。

2003/1/31 (Fri) 【イベント】第3回ROBO-ONE大会(2/1〜2/2)
 第3回ROBO-ONE大会日本科学未来館で開催される(2月1日に予選、翌2日に決勝)。ROBO-ONEとは、二足歩行ロボットによる格闘技大会。昨年2月の第1回大会では、先行者の開発者を迎えて評判を呼んだ。第3回目を迎えて、ますますのレヴェルアップが予想される。オイラも日曜日に見に行きま〜す!

2003/1/30 (Thu) 初めてのカラオケ
 先日、会社の先輩に誘われて、カラオケへ行った。包み隠さず告白しよう。不肖テトラヒメナは、生まれてこの方、一度も「カラオケボックス」なる娯楽施設へ行った事がないし、人前でマイクを握ったことも無いのである。だいたい、空気の悪い狭い個室に大人数で集まり、素人のヘタクソな歌を大音量で聞かされるなんて、不快感極まりない。あれの、どこが楽しいのだろうか?小生には、全く理解不能だ。
 というわけで、無碍に断っても良かったのだが、せっかくのお誘いであるし、実体験もせずに否定的な考えを持つのもどうかと思い、好奇心も手伝って、参加することにした。
 ところが、歌集を見ても、歌えそうな歌が、なかなか見つからない。小生も音楽は日常的に聞くが、今までは「鑑賞する」という視点で歌を聴いていたが、「自ら歌う」という視点から、音楽を聞いたことは、一度も無かったからだ。これは、自分にとって大きな発見だった。おまけに、好きな歌に限って、歌うのが難しい・・・。なんとか、最後に歌えそうな好きな曲を見つけることができたのが、昔、大槻ケンヂがソロで歌っていた「あのさぁ」。よくこんなマニアックな歌が入ってるものだ・・・もっとも、リクエスト後、サーバから読み込んでいたみたいなので、この店でこれをリクエストしたのは、小生が初めてだったみたいだが・・・。

2003/1/30 (Thu) ごあいさつ
 本日より、再出発することにしました。  以前のページは、cigが死んでしまった上に、かなりマニアックな雰囲気になってしまったので、今回はイメージを一新して明るい雰囲気に仕上げてみました。でも、日記の方は、相変わらずマニアック路線で行きますので、ご心配なく(笑)

1